子育ての文化研究所って

子育ての文化研究所って

「子育て」と言う行為は、親だけの責任では無いということが、この10年程で、ようやく社会全体で共有されるようになりました。身内以外からの支援が必要だ、地域ぐるみで子育て支援を、という雰囲気も拡がってきました。行政側の「つどいのひろば」をはじめとする様々な施策が功を奏し、随分、親が乳幼児を連れて出かける場所が増加すると共に、子育て支援のプログラムも増加してきました。
しかし、乳幼児に対する虐待のニュースは相変わらず続いています。最近になり、虐待とは無縁であっても、泣く我が子を受け止められない親、子育てが不安で不安で仕方ない親、自分の手だけで我が子を抱けない親(抱っこひもがないと不安)など、さまざまな問題を抱える親たちの現状を見聞きすることが多い私たちです。
このような現状の原因を考える時、子育ての方法が分からない親が増えていることが理由に挙げられるでしょう。子どもの頃から、乳幼児のお世話をしたこともなく、一緒に遊ぶ経験もないまま、我が子を育てることになってしまった親たち。不安は当然です。また、子育ての方法を世代から世代に伝えてこなかった社会、伝統として親が受け継いできた日本の子育ての文化を、母から受け継がないまま子育てしている母親が多いことも一因であるとの考えに至りました。
わたしたちは、この現状に立て直していく必要性を感じ、次の2点から、これらの問題を解決に導きたいと考えています。
(1)日本で伝統的に行われていた子育ての文化を掘り下げ、見直し、親たちにその良さを伝える。
(2)今の社会にマッチした子育ての在り方をまとめ、現状に対応できる子育て支援者を育成する。

 

代 表  朱 まり子
副代表  馬見塚珠生 
事務局  迫 きよみ 
監 事  吉田秀子