子育ての文化研究所って

子育ての文化研究所

「子育て」と言う行為は、親だけの責任では無いということが、この10年程で、ようやく社会全体で共有されるようになりました。身内以外からの支援が必要だ、地域ぐるみで子育て支援を、という雰囲気も拡がってきました。行政側の「つどいのひろば」をはじめとする様々な施策が功を奏し、随分、親が乳幼児を連れて出かける場所が増加すると共に、子育て支援のプログラムも増加してきました。
しかし、乳幼児に対する虐待のニュースは相変わらず続いています。最近になり、虐待とは無縁であっても、泣く我が子を受け止められない親、子育てが不安で不安で仕方ない親、自分の手だけで我が子を抱けない親(抱っこひもがないと不安)など、さまざまな問題を抱える親たちの現状を見聞きすることが多い私たちです。
このような現状の原因を考える時、子育ての方法が分からない親が増えていることが理由に挙げられるでしょう。子どもの頃から、乳幼児のお世話をしたこともなく、一緒に遊ぶ経験もないまま、我が子を育てることになってしまった親たち。不安は当然です。また、子育ての方法を世代から世代に伝えてこなかった社会、伝統として親が受け継いできた日本の子育ての文化を、母から受け継がないまま子育てしている母親が多いことも一因であるとの考えに至りました。
わたしたちは、この現状に立て直していく必要性を感じ、次の2点から、これらの問題を解決に導きたいと考えています。
(1)日本で伝統的に行われていた子育ての文化を掘り下げ、見直し、親たちにその良さを伝える。
(2)今の社会にマッチした子育ての在り方をまとめ、現状に対応できる子育て支援者を育成する。

代 表  朱 まり子
副代表  馬見塚珠生 
事務局  迫 きよみ 
監 事  吉田秀子

 

つたえたいこと その1 

今の親に示そう 日本で伝わる子育ての文化の良さ

子育ての親は、かなりの人が、イライラした毎日を過ごしています。親の心に余裕を生み出すために、どんなことで、手を差し伸べることが出来るのでしょうか。 そう考えた時、過去の子育てと比較して欠落しているものは何なのか、考えてみることにしました。廃れたものは、何故廃れてしまったのか、本当にそれでよかったのかを含めて考えてみたいと考えています。 わたしたちは、伝統的に引き継がれてきた子育て文化の良さを、そのままで伝承するのではなく、科学的に解明したり、現代人の生活にマッチする新しい子育ての考え方を取り入れたりして、その良さを分かりやすく噛み砕き、現代を生きる子育て中の親に正確に伝えていきたいと、考えています。

 

つたえたいこと その2

今の社会にマッチした子育ての在り方 現状に対応できる子育て支援

子育てをする、一人ひとりの親の事情は違います。また、地域性もあります。その個人差・地域差を認め、大事にしながらも、現代の親の持つ課題を解決できるような支援者を養成することこそが、解決の近道だと考えています。そこで、地域や対象が違っても活用できるような汎用性の高い子育て支援プログラムを構築し、子育てが辛いものではないと思えるような環境を整えたいと願っています。 当初は、親にむけての分かりやすいパンフレットの配布を考えました。傍にあって、いつでも読み返せるものは心の支えになります。しかし、孤独の中で字面を一人で追うだけで乗り越えられるものでは無いとの結論に至りました。母さんたちには、支援者から自分の子どもに即した助言を貰うことで、見守られながら生きている・子育てをしている実感を持つのでしょう。そうすることによって、安心感を持って、子育てが出来る環境に近づくのではないかと考えます。 そこで、現代の日本の子育て文化に合ったプログラムの完成を目指し、2014年度は、前年度(2013年度)の事業実施によって得た、これだけは外せないエッセンスをまとめ、プログラム化し、支援者に向けて学ぶ場を設定していきます。 子育てをしているお母さんたちは、この講座を受講し、幅広知識に裏打ちされた支援者と交わることで、親たち自らの子育て力の底上げを目指します。 ゆるやかな、感性を大切にした子育ては喜びを伴い、複雑な現代の子育て支援情報にがんじがらめになっている親の気持ちを解放することに役立つと共に、虐待予防に大きな役割を果たすと期待できるでしょう。乳幼児期の虐待は、誰にでも起こり得ることであり、予防こそが最大の力になると、私たちは常に考えています。

 

メンバー紹介 ~ひとことメッセージ~

迫 きよみ NPO法人子育てを楽しむ会
アロマ等で身体をケアしている方から「“豊胸手術をしているけど、母乳はちゃんとでるのか心配”という相談を受けた」という話を聞きました。「支援」を掲げていないからこそ相談できる場があることに気がつかされ、いろいろな方とつながる必要性を感じた瞬間でした。
島田礼子 親と子のこころのエンパワメント研究所
寄りそい、抱きしめ、向き合って、食べて、笑って、くっついて眠る。子どもとともにいる日常の、あたたかな子育てが守られますように。まずは支援者である私たちが、ぬくもりの力を再確認できたらと思います。
朱 まり子  子育ての文化研究所
どんどん厳しくなる子育て現場を見るにつけ、次へのステップとなるアクションが急務だと感じています。その第一段階として、今回の15の学びの場から、地に着いた支援の姿を模索していきたいと思います。皆さまもご一緒にどうぞ!
柘植 彩 子育てサークル ママ'sアクション
子どもたちの育ちの基礎となるのは身近な大人との愛着というつながり。そして子どもとつながっているという感覚は毎日の子育てを面白く楽しいものにしてくれます。15の学びを通して、子どもとつながるとはどういうことか一緒に体感しましょう。
中村 有紀子  母乳育児サークル
子育てをとりまく状況なども変わり、個別の情報を得るだけでは振り回されることも多いようです。これから先の子育てを、もっと総合的な観点から見つめ、どういう方向で、何を軸として支援したいったらいいかを、皆様と共に深めていけたらと思っております。
浜崎 由紀
NPO法人山科醍醐こどものひろば げんきスポット0-3
子育ての基盤が揺らぎ、子どもの育ちへの不安、子育てに悩む親への支援は益々必要になってきています。15の学び講座の中で、様々な人と出会い、つながりあって、子育ての智慧を学びあえたらと願っています。
藤尾 まさよ  万華鏡コミュニケート
理解者が回りにたくさん居ればいるほど、誰にとってもより生きやすい社会が作られていきます。私どもが、万華鏡のごとく、たくさんの視点を持ち理解する力をつけることこそが、その課題をよりよく改善していけると考え、ひたすらに学ばせて頂こうと思っています。
馬見塚 珠生  親と子のこころのエンパワメント研究所
今の時代ほど、子どもも親も育つのが難しい時代はないのではないでしょうか。安心して我が子を愛し育める親が一人でも増えるように、支援者としての技量も求められています。からだ、こころ、文化という多様の側面からぜひ一緒に学びを深めましょう。
三好 英 NPO法人京都八幡こどものひろば
生まれて間もない赤ちゃん時代が人間の根っこになるということの大切さを今になって強く感じています。このシリーズのどの回でも育ちの根っこを支えることの大切さを喜びも含めて学べると、受講を楽しみにしています。