子育て支援者「15のまなび」   講座日程レポート
(12) 1/17(土)  沢山美果子① 13:00~16:00
いのちを繋ぐ ー 乳からみた江戸時代の子育て


第12回 1月17日(土)13:00~16:00
「いのちを繋ぐ
    ー乳からみた江戸時代の子育てー」

沢山美果子先生(岡山大学大学院客員研究員)





沢山先生ご自身は福島のご出身で、
震災の後のご家族のお話や、
いろいろショックをうけられたこと、
研究のあり方をさらに深く考えられたことなどを
はじめにお話いただきました。

乳についての研究は、2年前に亀岡での
研究発表が契機となりとりくまれたものの、
江戸時代、近世の授乳についての研究はまだ少ないのだそう。

現在、ふつうに使っている「母乳」という言葉、
江戸時代にはなくて、「母の乳、女の乳、人の乳」といった
言い方がなされていたのだそうです。

赤ちゃんを育てるにあたっては、
乳は重要なものではあったようで、
農民と武家社会とでは、乳の与え方に差があったとか。

下級武士の記録やらいろいろ残されていた文献や、
浮世絵には、乳房をだして男子に与える絵が登場していて、
その中にはお母さんは髪を結いながら
赤ちゃんというよりも幼児にお乳を飲ませている絵も。
そういった資料をもとに

農民は自分のお乳を与え、3,4年ごとに懐妊するサイクル
どうもお乳をあげることで、出産間隔があくことを知って
やって いたらしい。

武家では、乳母をやとい、自分の乳をたつと
すぐに妊娠するといった感じで、
毎年のように懐妊し、多産多死傾向(子どもが生き残るのが2、3人)
母親が病気になって亡くなるケースも多かった。

当時は20代~40代の女性の死亡率は、
男性の死亡率の2倍
お産で亡くなる母親は4人に一人くらいあったらしい。
そのため育てていくためにはもらい乳をしたり、
どうしても乳が出ない時には捨て子もあったよう。

乳がでることに価値があったらしく、
乳持(ちちもち)奉公といって、
農村の女性が武家の乳母として奉公にいくのは
当時としては支度金ももらえ、条件としてよかったらしい。

  時代劇では、徳川家の乳母の存在が
  描かれることが多いように、乳母(めのと)は
  重要な役割だったのでしょう。

江戸時代の藩制度の中には、人口が減らないよう
税の確保の意味もあって、養育料を与えるとか
乳母を雇う手当を与えるとか、藩によって
いろいろあったんだとか。
  そのあたりは、今の各県で子育て支援の様子が
  いろいろあるの似ている感じ。

明治に入って近代国家となり、
諸外国の状況をしるにつけ
子育ての環境には家庭が大事という考え方や
実の母と子の結びつきが強調され
ここで、「実母哺乳」が重視され、
「母乳」という言葉もでてきて
母乳が母性愛の象徴になっていくらしい。

ちなみに、浮世絵での乳の飲み方は縦抱きで
哺乳瓶がはいってきたことで、横抱きもでききたらしい。

お話の後、参加者からの感想や質問、それに答えて
いただく時間もあり、
参加者それぞれが、歴史をたどりながら
現代のことをあらためてとらえなおすことを
されていたようです。

私も、現在はこれがあたりまえと思っていたことも
その元をたどり、歴史的なスパンで見ると
一時のものでしかないといった
相対的な見方ができるという、
ここに、歴史を学ぶ意味があるように思いました。
(13) 1/18(日)  沢山美果子② 10:15~13:00
近代家族と子育て ー 男と女の関係からみた
第13回 1月18日(日)10:15~13:00
  「近代家族と子育てー男と女の関係からみた」

沢山美果子先生(岡山大学大学院客員研究員)

ジェンダーの視点(社会的、文化的性差)、
男と女の関係の視点から歴史をみていこうということで
岡山大でジェンダー論の講義を
20年されてらっしゃるそうです。

私が印象に残ったお話として
近世には、親以外に回りに仮親がいて、
出産時や幼年期には
取り上げ親、
 乳親(母乳を与える前に乳づけをした婦人で、
   成長を見守っていく)
  拾い親など

成人後の仮親
 元服親、烏帽子親、
  契約親(男15才、女13才思春期の頃)
 仲人親など

江戸時代では、離婚、再婚も多かったようですが、
親の環境は変わっても、
子どもに対しての仮親の関係は、
変わらずに あったようで、子育てを補完するしくみの
ように思いました。

離婚、再婚にも男女差があったようで
女やもめが圧倒的に多く、
女の再婚相手は年上男で、
男の再婚相手は年下女、階層によっては
何度も再婚している場合もあるんだとか。

江戸時代は、家の存続のために
父親も子育てに関わっていたようです。
外国の方が日本を訪れたさいの記録に
残っているくらい。

明治にはいり、戸籍法(夫、長男、妻の書き順)や
民法によって、妻から離婚がいいだせなくなってきて、
離婚、再婚、捨て子もへっていったとか。

明治期後半から大正、昭和初期にかけて
都市新中間層が出現
夫の月給で妻子を養う層、
このあたりから、学歴が重視され
子どもに学歴をつけるため、
少産少子社会へと移行していく。
母性愛が強調され、強烈な我が子意識が、
でてくる。父親は会社や仕事が中心となっていく。

大きな変化は
戦後の高度経済成長期の後、
1970年代に核家族化、主婦化のピーク、
母性強調、母性抑圧、三才児神話
近代家族がなりたったことで、
こういった現象がでてきたといえる。

名前にみる子どもの歴史的位置として、
江戸時代の名前の付け方から
ビューティフルネームの時代へと変遷していくあたり
子への期待や親の意識の変化を話しあいました。

 今やキラキラネームまで出現して、子どものペット化とも
 言われているくらい変化してきてます。

こういった社会現象の変化の中で、
これまでのようなライフ・サイクルではなく、
 (同じ頃に出産、育児をしていく)
ライフ・コースをめざしていくことが大事では。
  出発点は同じでも、どんな歩みかはまちまちで、
  個人の選択を大事にして
  ワークとライフを共有し、
  人生を豊かにするようなしくみをもった社会

お話の後、参加者の方からの質問や感想に
お答えしていただき、あっというまの3時間が
終わりました。ありがとうございました。

さらに深めて知りたい方は、こちらをどうぞ。

沢山美果子先生の本
「近代家族と子育て」 吉川弘文館
「女たちの声を聴くー近世日本の妊娠、出産をめぐる
 史料解読の試みー」 『歴史学研究』
「産み育てることの近代」
 『講座 明治維新 第9巻 明治維新と女性』
    有志舎 2015年2月刊行予定

<お問い合わせ>
■子育ての文化研究所 info@kosodate-bunka.jp 担当(さこ)090-2703-5207