子育て支援者「15のまなび」   講座日程レポート
(7) 10/13(祝)  前田綾子① 10:00~13:00
シンプルで、楽しくて、赤ちゃんの育ちに役立つことを体験しよう(会場:みんなの木保育園)


10月13日の第7、8回めの講座は
台風のため、 場所をつどいの広場りぼんに変更して
開催されました。



第7回め、10月13日10:00~13:00は
赤ちゃんの育ちに役だつ体験として

月齢の異なる赤ちゃんつれのママに参加していただき、
前田綾子先生がくさぶえ保育園で実際にされてらっしゃる
斉藤公子先生の保育理論の実践を それぞれの赤ちゃんの
状況にあわせてやってみせて頂きました。

まずは5か月の赤ちゃと
目をあわせるようにして抱っこしている前田先生



首が座る頃までに、赤ちゃんにむき癖がないかどうか
(得意なほうしかむかない、苦手な方向は見ない)
両手を体の真ん中であわせるしぐさをしているかどうかを
見ていくことが大切。

  赤ちゃんの太ももやおしりの左右を見比べてみると
  きき足のほうが太いとか、
 おしりの大きさも左右で違うとか
  ほんとに体にはっきりでているのにびっくり。

基本のリズムである金魚、どんぐり、両生類ハイハイなど
おむつをしていると動きにくいので
実践するさいには、布パンツにはきかえてするのだそう。

むきぐせがでている場合は、
うつぶせにして、おへその裏側(命門)あたりを
ゆらゆらゆする金魚運動をしてあげながら、
苦手な方向にも目がついていくように
おもちゃを見せるとか。
バスタオルをくるくる巻いて胸の下にかませて
うつぶせにして、 金魚運動しているところ。



1才くらいまでしっかりハイハイし、
つかまり立ちしないようにするために
金魚運動で腰をゆらゆらしておくと
腰に力がはいりにくくなるのだそう。

赤ちゃんでも背中や腰が緊張して堅くなっていたり、
上手に力がぬけないと、
けがをしやすくなることがあったり、
眠りが浅くなったりするので
体の力がぬけるように
いろんな姿勢や動きで刺激し、
赤ちゃんの体にふれてなでなでしてあげることが大事。

前田先生の両足の上に赤ちゃんを寝そべらして
体をゆらしているところ、
「おふねはぎっちらこ」の歌を
参加されてる保育士さんが歌いだすと、
赤ちゃんが次第にリラックスしてたらんとしてきてました。



赤ちゃんによっては、内側にちぢむ力が強くて
胸が開きにくいお子さんとかもあるようで、
慣れない姿勢に大泣きしてたお子さんもありました。

そういったそれぞれのお子さんの状況に応じて、
「こういう運動をしておくといいですよ」と
具体的なアドバイスもありました。

さらにいろいろな月齢の赤ちゃんの状況におうじて
10か月までに立って歩きそうな赤ちゃんの場合、
「どんな工夫をしたらいいですか?」と
参加されてる保育士さんに問いかけ。

ふとんの山を作って斜面をハイハイさせるとか
急な坂道とか脚元が不安定な場所につれていって
ハイハイしないと動けないような機会をつくるとか
いろいろやり方を工夫していくのが大切。

13:00に前半が終わり、お子さんつれのママは
お帰りいただいて(この時はまだ台風の影響は少なかった)
ランチタイムとなりました。

 正直なところ、斉藤公子先生の保育については
  ほとんど知らないまま参加したので、
  整体の施術なみの体の観察や運動があることに
 あらためてびっくりしました。
 日本にもこんな奥の深い保育実践をされてた方があったとは。
 

(8) 10/13(祝)  前田綾子② 14:00~17:00
“人間の本質”からもう一度子育てについて考えてみよう(会場:みんなの木保育園)
10月13日午後13:45~16:45
人間の本質から子育てを考えるということで

斉藤公子先生の保育の考え方の特徴や、
くさぶえ保育園での前田先生の実践についてのお話を
お聞きしました。


斉藤公子先生の保育については、
かなり奥の深いもののようで、
さらりと紹介できる内容ではないと思い
割愛させていただきます。

 詳しい内容につきましては、今年度の講座も
 ビデオ録画や録音して報告書としてまとめる予定ですので、
 そちらのほうを参考にしていただけたらと思います。

前田先生が実践されてる保育の中で印象に残ったお話を
紹介いたします。

 斉藤保育を実践されてる保育所に見学にいたさいに、
同じようにやっていても、子どもの成長につながって
いってないところもあったるする。

斉藤先生に学んでいたさいも、
先生の手の位置が変わってことに
なぜそうするのか?疑問に思って
自分で掘り下げようとするしかない。

ただ見よう見まねでするのではなく、
目の前の子どもに対してどう対応するかは、
自分で考えないといけない。

ええーと思うようないろんなお母さんが
来られることがあるが、
お母さんの深いところの悩みをききだし、
つながりをつくり来てよかったと思って
帰っていってほしいと思っている。
学びながら、広がっていってくれたら。

くさぶえ保育園では、発達障害傾向のあるおこさんも
あずかってその子に必要なリズム運動をおこなったり、
Tシャツにキャラクターの絵がついていると
その絵にこだわってしまうお子さんがいるので、
キャラクターに布をつけてもらうようにしているなどなど。

自分を開いて、人を求めていくような人に
なってほしい。

感性を磨くには
まずは脱力、いったん力を抜いて
左右差を見ながら、
弱いほうの筋力をつけていくのが
自然でやりやすい。

本物を子どもに見せる、体験することの大切さ
土に触れても大丈夫な環境をつくったり、
生活環境から機械音をなくす努力も必要。

テレビやおもちゃの機械音、スピーカーからの音など、
刺激が強いため、それに慣れてしまうと
自然の音や母親の声に反応しにくくなる。

聾唖の方の聴覚検査では、
聞きやすい順が、機械音、自然音、人の声なのだそう。

ゲームをするのも、10才以降に。
せめて現実世界と架空世界の見分けが
つくようになってからにしてほしい。

理想の子育てなんてできないが、
理想に近づきたいという願いや思いが
周りを変えていく。

人との出会いが脳を育てる 
などなど印象に残った言葉がたくさんありました。

台風というアクシデントのある中での
講座、ほんとうにありがとうございました。

余談ですが、最近、小児科医のほうから
「スマホに子守をさせないで」という提言がでました。
(ポスターにもなっています)

聞くところによると、宮崎駿さんも
「うちの子、トトロ100回みてます」という
母親の声に対して怒っているとか。
「3才までの子には、ビデオ、DVDは見せないで、
 じかに自然にふれたり、体験するほうが大事だ」って。

アップルのスィーブン・ジョブズも、
自分のお子さんが小さい頃はパソコンには
さわらせなかったとか。

赤ちゃんや、幼児を守るために
気づいている大人はやはり
生活環境への配慮をしているのだなと思います。

<お問い合わせ>
■子育ての文化研究所 info@kosodate-bunka.jp 担当(さこ)090-2703-5207