子育て支援者「15のまなび」   講座日程レポート
(1) 7/6(日)  高橋由紀① 10:15~13:00
赤ちゃんの発達とヨガ的セルフケア ー 発達に伴い起こるひずみを理解する
赤ちゃんの発達とセルフケア ママの手は魔法の手 


赤ちゃんの発達の具合は個人差も大きいので
月齢で区切らずに、対応できるよう    
3か月の赤ちゃん、10か月の赤ちゃんといった
月齢の違う赤ちゃんが集まる場で
同じやり方で楽しめるようなやり方を工夫しているのだそう。

参加したママから見ても、
もうちょっと大きくなるとこうなるのねと
発達の次の課題に気づきやすくなるという利点もあります。

まずベビーヨガマッサージを
赤ちゃんとお母さん役の二人一組で、
実際に体験しあい、どんな感じがしたかを二人で
感想を話し合い、順に発表していきました。

二人一組でやっているところ


ベビーヨガマッサージでは
オイルを使わず、服の上から
子どもが成長してもできるようなマッサージを
チューリップや蜂が飛ぶといった歌を
ママが歌いながら繰り返しすることで、
親子ともども、ゆったりと安心できる時間になりそう。
お子さんの体調の変化に気づいて、
早めにケアすることにもつながるのだそう。

その後、赤ちゃんの発達の
首が座る頃、寝返りの頃、
おすわりができる頃、ハイハイ期
たっち・あんよ期の5つ時期ごとに
グループにわかれて
ママから寄せられる悩みを5つピックアップ

それに対してのセルフケアのポイントのお話でした。

たとえば
赤ちゃんは勝手に寝返りできるようになると
思っている方が多いけれど、
その前段階の動きができているかどうか
うつぶせにして顔をもちあげるとか
おひざをもってぐるぐる回すとか
遊びながらいろんな動きを
取り入れてみることが大事なんだそう。

(2) 7/6(日)  高橋由紀② 14:00~17:00
産後のケアに求められる骨盤調整 ー 産後の女性に対するボディワークを理解する

7月6日 14:00~17:00

「産後のケアに求められる骨盤調整ー
産後の女性に対するボディーワークを理解する」 

妊娠中どうすごしてきたか、運動の有無など
その方の個人差が大きいので、
個人の違いにあったケアをしていくことが大切。

産後、骨盤がもとに戻っていくには時間がかかり
床上げは3週間後といった風習があったくらいで、
筋肉をつけることよりも、
まず骨盤の周りのかたくなった筋肉などを
ゆるめてほぐし、回復することが先決。

出産経験によって、体の中心感覚や
骨盤底筋を意識して動かすという感覚も
感じやすくなっている時期に、
ケーゲル体操をすることで、骨盤の回復や
内側のコアな筋肉の発達を促すことができるのだとか。

妊娠中や産後まだ寝ている状態のママに
やってあげるとよい3つの動きを
二人一組で体感しました。
腰に痛みを感じる方もやってもらった後は
痛み感じなくなった方もいましたよ。

産後に赤ちゃんを連れてきたママに、
まずやってほしいのが抱っこするさいの
姿勢のチェック。
 
実際にやってみているところ。


腰をそらして立っていても
これが普通になると自分ではゆがみに
気づかなくなるので、早めに姿勢に
気づいもらい修正できるような
やり方も教えてもらいました。

身近なところで産後の体のケアにも
理解のある方が増えると、
ママの不安や悩みにもより適切に
応えていけそうですね。


<お問い合わせ>
■子育ての文化研究所 info@kosodate-bunka.jp 担当(さこ)090-2703-5207